「Z900RS」ただいま先行予約受付中です!

12/1発売! 先行受注完売になるおそれがあるため(特に火の玉カラー)、さらに当店の割り当て台数も限られていますので早期の予約をオススメいたします。 ●待ちに待ったKaswasaki 「Z900RS」デビュー 【Z900RS】 クラシカルな雰囲気を漂わせたスタイルに現代のクラフトマンシップを融合させたレトロスポーツ、Z900RS。 始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。 外観はシンプルで洗練されたデザインを追及。 Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりが随所に盛り込まれています。 エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。 特有の光沢を放ち美しさを際立たせます。 また、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。高いスポーツ性と快適性を獲得しています。 さらにライダーサポート技術、カワサキ・トラクション・コントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に感じる事が出来るモデルになっています。 ●新しいレトロスポーツとして登場したZ900RS。デザインはZ1のイメージを踏襲し、クラシカルなものとなっている。そのデザインキーワードは『Timeless』、『High quality』、『Functional beauty』。時代を超えて価値を共有できるデザイン、材質、質感に対する徹底したこだわり、機能を重視し、シンプルで洗練されたデザインを追求して造られた。  丸形のヘッドランプ、テールランプにはLEDを採用しつつも、外観はクラシカル。タコメーター、スピードメーターはこだわりのアナログメーターで、ふたつのメーターの間には液晶パネルが備えられ、ここで多くの情報を確認できるようになっている。  デザインにおいて最もこだわって造られた部分はタンク形状。Z900RSはダウンドラフトエンジンを搭載しており、本来ならハンドル切れ角やライディングポジションを守ったレイアウトになるため、この形状を達成するのは非常に難しい。しかし、“Z”であること、つまりティアドロップ型タンクでオートバイらしい雰囲気を出すために、あえてティアドロップ型タンクにこだわったという。